ローヤルゼリーの種類と特徴

ローヤルゼリーと一口に言ってもその種類は様々です。ローヤルゼリー100%で栄養の損失もない高品質なものもあれば、製品重量の半分以下しかローヤルゼリーを含まないものもあります。そこで消費者が知らずに低品質な製品を高く買うことを防ぐため、ローヤルゼリー製品には種類とその定義がきちんと定められています。ローヤルゼリー製品を購入する際にはこの分類を最低限確認してから購入するべきです。

 

ローヤルゼリーの分類は3つあり、生ローヤルゼリー・乾燥ローヤルゼリー・調整ローヤルゼリーとなっています。前二つは100%ローヤルゼリーですが、調整ローヤルゼリーは添加物が含まれています。ただしその分調整ローヤルゼリーは安価ですし、ローヤルゼリーの他に別の健康食品を添加することで特定の用途に最適化した製品も数多くあるため、一概に低品質なものであるとは言えません。

 

ローヤルゼリーの品質としては生ローヤルゼリーが最も高品質で、栄養の損失が最も少なく健康効果を得るためには最良のものです。しかし保管や流通が難しく、手に入れるのは困難です。養蜂場と会員契約などを行い定期的に配達してもらうなどの入手ルートがあるようです。

 

そして、生ローヤルゼリーを流通しやすく加工したのが乾燥ローヤルゼリーです。生ローヤルゼリーから水を抜いただけの加工品であり、ローヤルゼリー100%には違いありません。加工時に多少の栄養素のロスはありますが、100%ローヤルゼリーが欲しい方の現実的な選択肢と言えるでしょう。

 

そして最後に、最も一般的な流通形態が調整ローヤルゼリーです。定義上、重量比で1/6以上のローヤルゼリーが含まれていれば調整ローヤルゼリーを名乗ることができます。含有量はまちまちですので、どれだけローヤルゼリーを含んでいるかチェックしてから購入することをお勧めします。